デリカD5 ディーゼルとガソリン買うならどっち?燃費や性能、価格や税金(維持費)を比較

シェアする

 

「こんなに簡単でいいの!?」

あなたの車を複数社がオンライン査定。
翌日には各社の査定額を画面上にずらっと一斉表示。

 

「これまでの一括査定はもう古い!?」

30万円の査定額が80万円にアップ!

もはや、一括査定でディーラー見積もりより高く売るのは当たり前。

でも、これまでの一括査定は、

  • 「見ないと査定できない」比較には各社と調整が必要・・
  • 現車確認しなければ査定額が出ず、申込から何日も待つ必要も・・
  • 複数の買取店から電話が来るので対応が大変・・

しかし、ウーロでの一括査定なら、こんな面倒は一切なし!

 

・ネットで査定額を一斉表示!
 現車確認は概算の査定額が出てから! 査定額が出るまで、ネットで完結。

・1日で最大10社の査定到着でラクラク比較!
 翌日18時に査定額を一斉表示! 最大10社を比較して最高値で売却しよう!

・その後の交渉は高額査定した店舗に厳選!
 高値の買取店に現車確認すればよいので、何社からもかかってくるわずらわしい営業電話も無し!

 

手間をかけず簡単に高く売る!

これが新しい車一括査定です。

 

↓↓ウーロで一括査定をしてみる↓↓

デリカD:5のディーゼル車とガソリン車を徹底比較します!

デリカD:5の購入を検討しているけど、

ガソリンとディーゼルどっちを購入しよう??

と迷われている方もいらっしゃると思います!

そこで、両者の特徴や車体価格、燃費、性能、維持費などを徹底比較してみます!

参考にしてみてください。

デリカD:5のディーゼル車の特徴

ますはディーゼル車の特徴からみていきましょう。

クリーンディーゼルエンジンを採用している国産車といえば、デリカD:5の名前が出てくるでしょう。

その他に国産車でクリーンディーゼル車といえば、

マツダ CXシリーズ
マツダ アクセラスポーツ
マツダ アテンザ
トヨタ プラド
三菱 パジェロ

などが挙げられます。

もともとヨーロッパで普及しはじめたクリーンディーゼル車ですが、国産車でもクリーンディーゼルエンジンを採用する車種が年々増えてきました。

因みに、欧州車では、ベンツ、BMW、VW、VOLVOなど国難販売されている殆どの主要なメーカではクリーンディーゼル車がラインナップされています。

ディーゼルエンジンの特徴①:パワーがある

ディーゼルエンジンの特徴といえば、先ずいえることはパワーがあることでしょう。

ターボ ディーゼルエンジンによって加速が良くなっています。

ガソリンエンジンに比べると、低回転でもパワーが出ます。

大きく重量のあるトラックにディーゼルエンジンが載せられているのもそのためでしょう。

ディーゼルエンジンの特徴②:燃費がよい

アクセルを踏んだ時の加速がガソリンより良い。

低回転でもガソリン車よりパワーがでる、といった特徴があります。

ディーゼルエンジンの特徴③:燃料(軽油)が安い

また軽油を燃料としていますので、燃焼効率がよいだけでなく、燃料自体の価格が安いのもうれしい所です。

ディーゼルエンジンの特徴④:価格は割高

ただ、クリーンディーゼル車は、ガソリン車より車両価格が割高になる傾向にあります。

クリーンディーゼルって?

クリーンディーゼルエンジンは、基本的な部分は昔からあるディーゼルエンジンと根本的な原理は変わりありません。

しかし、電子制御による燃料噴射や燃焼の効率化がされていることと、

排ガスをきれいにするための機能が付けられています。

簡単に言うと、

燃焼の効率化で不純物を少なくし、

それでも出てしまう排気をクリーンにする為の機能が付けられたものが、クリーンディーゼルエンジンなのです。

デリカD:5のクリーンディーゼル車の特徴

低回転から力強く、高回転までスムーズに加速するたのもしいエンジンです。最先端の排出ガス浄化システムなどにより、平成21年排出ガス規制(ポスト新長期規制)などもクリア。走行性能、燃費性能、排出ガス性能、静粛性を高次元でバランスさせています。

引用:デリカD:5公式サイトより

JC08モード燃費消費率(国土交通省審査値)
JC08モード 13.0km/L

最大トルク(ネット)
360N・m(36.7kgf・m)/1500〜2750rpm

最高出力(ネット)
109kW(148PS)/3500rpm

[コモンレール式燃料噴射システム]

コモンレール式燃料噴射システムは、燃料を超高圧にしてコモンレールへ送る高圧燃料ポンプ、高圧の燃料を溜めておくコモンレール(蓄圧容器)、超高圧で燃料を噴射するインジェクター(燃料噴射装置)、エンジンの運転状態を検出する各センサー、そしてこれらを制御するコンピューターによって構成されています。非常に高圧な燃料の噴射圧力や噴射時期などをきめ細かくコントロールすることにより、理想的な燃焼を実現。不完全燃焼によるPMの発生を低減しています。また、複数回の緻密な噴射コントロールにより急激な燃焼を抑え、NOxや騒音の発生を低減。エンジンの回転数によらない噴射圧力コントロールで、排出ガスのクリーン化、低騒音化、高出力化を実現しています。

[VGターボチャージャー]

タービン容量を可変コントロールするVGターボチャージャーを採用。可変ノズルを制御することで低速域ではタービンの回転速度を上げ、高過給を確保し、高速域ではタービンの過回転や排圧上昇を抑えるしくみです。これにより全域で高レスポンス、高過給が可能となり、優れた走行性能、クリーン性を実現しています。

[DPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)]
燃焼行程で発生したPMは、エンジンルーム内に設置したDPFで排出を防ぎます。まずセラミックフィルターでPMを捕集し、PMが一定量堆積すると、燃料の噴射制御により排出ガスを昇温。PMを燃焼させ除去するDPFクリーニング処理を走行中に適時実行し、PMの排出を大幅に低減します。

[NOxトラップ触媒]

NOxトラップ触媒は、排出ガス中のNOxを吸蔵させ、蓄積したNOxが飽和量に近づくと、燃料噴射量を増やし還元剤(リッチ排ガス)を生成。吸蔵したNOxを無害なN2(窒素)などに還元します。

引用:デリカD:5公式サイトより

ガソリン車の特徴

つづいてはデリカD:5のガソリン車の特徴をみていきましょう。

ガソリンエンジンは、スパークプラグを使って電気的に火花をおこしてエンジン内部で燃料を爆発させるエンジンです。

ガソリンエンジンの特徴①:静かで高回転

ガソリンエンジンの特徴としては、ディーゼルエンジンは大きい車に向いているのに対し、ガソリンエンジンは小さいエンジンに向いています。

パワーはディーゼルエンジンに劣りますが、振動や音は静かです。
また、エンジンの回転は、高回転までよく伸びます。
ターボチャージャーで発振時の加速やパワーを補っている車種もあります。

ガソリンエンジンの特徴②:コストは安い

また、ガソリン車の方がエンジンが軽量で、コストも安くなります。

デリカD:5のガソリン車の特徴

2.4リッターガソリンエンジン

MIVEC=Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control systemは、三菱自動車の可変バルブタイミング機構の総称です。

吸・排気ともにMIVEC(連続可変バルブタイミング)を採用し、優れた動力性能とクリーン性能を高次元で両立。さらにアルミダイキャスト製シリンダーブロック、樹脂製シリンダーヘッドカバーの採用や、後方排気レイアウトなどによって軽量化を図り、優れた運動性能を実現しました。

2.0リッターガソリンエンジン

MIVEC=Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control systemは、三菱自動車の可変バルブタイミング機構の総称です。

走りと高い環境性能を追求し、誕生したのがMIVEC。吸入空気量をスロットルバルブだけではなく、吸気バルブのリフト変化によっても調整します。従来のDOHCエンジンと同等の性能を実現し、さらにAS&Gと組み合わせることで、JC08モードでの燃費は13.0km /L(2WD車)を達成。平成17年基準排出ガス75%低減レベルに適合し、平成27年度燃費基準+5%達成という、目に見える環境性能も有しています。

ブレーキペダルを踏んで停まっているあいだは、エンジンのアイドリングがストップ。ブレーキペダルを離すと、エンジンが瞬時にオートスタートして走り出せる状態に戻ります。AS&Gさえあれば、いままでと同じ乗り方をしているだけで、エコロジー&エコノミーな走りが実現できるのです。 引用:デリカD:5公式サイトより

デリカD:5のディーゼルとガソリン車を比較

車体価格を比較

比較するため、同じグレードの車両価格を見ていきましょう。

クリーンディーゼル:
デリカD:5 D-Premium   消費税抜価格 3,755,000円

ガソリン:
デリカD:5 G-Premium  消費税抜価格 3,455,000円

クリーンディーゼル車のほうが、ガソリン車より30万円高くなっています。

燃費を比較

カタログ値の燃費では、

クリーンディーゼル:JC08モード 13.0km/L
ガソリン:JC08モード燃費 10.6km/l

実際の燃費では、

クリーンディーゼル:平均実燃費10.65km/L (4WD)
ガソリン:平均実燃費8.35km/L (4WD)

尚、実際の燃費については、使用者の口コミを元に大よその数値を記載しています。(e燃費のデータを参考にしています)

実際の使用状況により異なります。

性能面を比較

性能面については、上述していますが、まとめてみました。

【パワー】
ガソリン車よりクリーンディーゼルの方がパワーがあり。

【加速】
こちらもクリーンディーゼルに軍配があがります。

【高回転の伸び】
回転の伸びはガソリンエンジンの方が上。

【頑丈さ】
構造的にはディーゼルエンジンの方が頑丈だが、耐久性においてはガソリン・ディーゼルエンジンに差はないと思われる。

【燃費の良さ】
燃費はディーゼルエンジンの方がよい。(燃料も安い)

【エンジンの静かさ】
ガソリンエンジンの方が静かで振動も少ない。

維持費を比較

クリーンディーゼル車は軽油ですので、当然燃料代はディーゼル車の方がやすいですね。

また、クリーンディーゼル車は、税制優遇もありますので維持費はクリーンディーゼルの方が断然お得となっています。

ディーゼル車の維持費についてはこちらの記事をどうぞ。

車を購入するにあたって、税金は出来るだけ安く抑えたいところ。 そこでエコカー減税に注目です。 エコカー減税対象車なら、税金が割引...

結局、ガソリンとディーゼルどっち?

デリカD:5の場合は、車両重要も重いので、クリーンディーゼルが向いていると思います。

デリカD:5の発売当初は、ガソリン車しかラインナップしていませんでした。

後に、クリーンディーゼルを採用したモデルが追加された時には、やっぱりという感じでした。

デリカD:5の性能や魅力がさらに最適化されたように思います。

ということで、デリカD:5の性能や本来の特徴を楽しむためにも、クリーンディーゼル車の方を私なら選びます!

デザイン重視!性能は気にしないというあなたには!

「デリカD:5に乗ってみたいけど、走りの性能は気にしない。」

「4WDはいらないし、普段使いの街乗りしかしない」

というあなたは、

2WDのガソリンエンジンが車体価格が安く、燃費も比較的良いので、ガソリン車の方がよいでしょう。

また、ディーゼル車は、エンジン内部のクリーンシステムを効率よく使うには、ある程度走行させなければならないので、あまり乗らない人走行距離が少ない人もガソリン車の方がよいでしょう。

 

「こんなに簡単でいいの!?」

あなたの車を複数社がオンライン査定。
翌日には各社の査定額を画面上にずらっと一斉表示。

 

「これまでの一括査定はもう古い!?」

30万円の査定額が80万円にアップ!

もはや、一括査定でディーラー見積もりより高く売るのは当たり前。

でも、これまでの一括査定は、

  • 「見ないと査定できない」比較には各社と調整が必要・・
  • 現車確認しなければ査定額が出ず、申込から何日も待つ必要も・・
  • 複数の買取店から電話が来るので対応が大変・・

しかし、ウーロでの一括査定なら、こんな面倒は一切なし!

 

・ネットで査定額を一斉表示!
 現車確認は概算の査定額が出てから! 査定額が出るまで、ネットで完結。

・1日で最大10社の査定到着でラクラク比較!
 翌日18時に査定額を一斉表示! 最大10社を比較して最高値で売却しよう!

・その後の交渉は高額査定した店舗に厳選!
 高値の買取店に現車確認すればよいので、何社からもかかってくるわずらわしい営業電話も無し!

 

手間をかけず簡単に高く売る!

これが新しい車一括査定です。

 

↓↓ウーロで一括査定をしてみる↓↓

シェアする

フォローする