デリカD5 2019新型デザインの画像!発売日程や価格・スペックはどうなる!?

シェアする

 

「こんなに簡単でいいの!?」

あなたの車を複数社がオンライン査定。
翌日には各社の査定額を画面上にずらっと一斉表示。

 

「これまでの一括査定はもう古い!?」

30万円の査定額が80万円にアップ!

もはや、一括査定でディーラー見積もりより高く売るのは当たり前。

でも、これまでの一括査定は、

  • 「見ないと査定できない」比較には各社と調整が必要・・
  • 現車確認しなければ査定額が出ず、申込から何日も待つ必要も・・
  • 複数の買取店から電話が来るので対応が大変・・

しかし、ウーロでの一括査定なら、こんな面倒は一切なし!

 

・ネットで査定額を一斉表示!
 現車確認は概算の査定額が出てから! 査定額が出るまで、ネットで完結。

・1日で最大10社の査定到着でラクラク比較!
 翌日18時に査定額を一斉表示! 最大10社を比較して最高値で売却しよう!

・その後の交渉は高額査定した店舗に厳選!
 高値の買取店に現車確認すればよいので、何社からもかかってくるわずらわしい営業電話も無し!

 

手間をかけず簡単に高く売る!

これが新しい車一括査定です。

 

↓↓ウーロで一括査定をしてみる↓↓

2019年にビックマイナーチェンジされるデリカD5ですが、

デザインも一新されるようですね。

このビックマイナーチェンジによる新デザインの画像が一部ネットで出始めました!

さっそく、ビックマイナーチェンジによる新しいデザインをチェックしていきましょう。

2019デリカD:5のビックマイナーチェンジについて

当初、デリカD:5は2019年にはフルモデルチェンジされるのでは?という噂がありました。

2007年の発売から10年以上もデザインが変わっていない為、その噂は濃厚でした。

しかし、今回2019年に行われるデザイン変更は、ビックマイナーチェンジという表現になっているようです。

その理由としては、車の機構部分であるプラットフォームはそのままデリカD5から変更がないからだと言われています。

一番大きく変わったのは、外観デザイン

その他には、クリーンディーゼルエンジンの排気ガス浄化システムが変わったとされています。

注目度の高かった安全装備の改善については、e-Assistというシステムが採用になるとの情報もあります。

デリカD:5は長年モデルチェンジされていない為、安全装備の面で最近の最先端技術を搭載した車に劣っているという印象がありました。

今回のビックマイナーチェンジでは、この安全装備に関しては期待したい所です。

三菱独自のエンジンはデリカD:5が最後!?

三菱自動車は、ルノー日産と経営統合し、実質ルノーの傘下に入ることになりました。

今後、三菱の自動車のエンジン開発は、日産と共同開発され、同じプラットフォームを採用することになります。

三菱自動車独自で開発したエンジンが載るのは、このデリカD:5が最後になると思われます。

SUVファン、特にデリカファンの方にとっては、希少性のある一台となりそうです。

エクステリアデザインの画像

さて、先ずは気になるエクステリア(外観)の新しいデザインをみてみましょう。

デリカD:5の2019年マイナーチェンジによるニューデザインの画像がネット上で出始めました。

ディーラーに行くと新車情報が入手できるようですね!


画像引用元:http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/54321476.html

そして、エアロバージョンのアーバンギア(URBAN GEAR)というタイプも。


画像引用元:http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/54321476.html

これまでのエアロバージョン「ローデスト」から名前が変更になりました。

こちらのほうが、高級感が漂っていて、エルグランドやアルファードなどのLサイズミニバンがライバルとなりそうです。

こちらは、横からみた新型デリカD:5(通常バージョン)↓↓


画像引用元:http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/54322389.html

そしてこちらがアーバンギア↓↓


画像引用元:http://blog.livedoor.jp/ganbaremmc/archives/54322389.html

そしてこちらが今までのデリカD:5↓↓

横から見ると、アプローチアングルが小さくなり、フロント部が以前のデザインより長く張り出ている感じがします。

SUV車らしからぬデザインですね。。

個人的な感想ですが、

2007年にフルモデルチェンジした時の外観デザインの印象は、

ジープ見たいなフロントグリルでかっこいい!という第一印象でした。

2019年の外観デザインチェンジは、

今度は、レンジローバーやディスカバリーをまねしてきたな!というようなフロントグリルになってますね。

しかも、最近の三菱自動車の特徴である「ダイナミックシールド」がベース。

強引に入れ込んできたな~という印象です。

デリカD:5本来の特徴であるオフロード車の雰囲気や感じが薄れてしまっていますね。

高級車路線に少し切り替えたのでしょうか?

これまでのデリカD:5は、MサイズミニバンとLサイズミニバンの中間に位置しながら、

他にはないSUVミニバンとして唯一無二の存在でしたが、

その特徴的な部分を薄くしてしまうデザインになってしまったような気がして残念です。

また、輸送途中の新型デリカD5も目撃されているようです。

フロントマスクやバックはデザインが見えないように隠されていますね。

デリカD:5ニューデザインの評判

アプローチアングルも小さくなりそうだし、urban gearモデルだと雪道泥道グイグイ行く感じじゃなくなってるし…これでキャンピングトレーラー引っ張るのは似合わなそうだなぁ

インパネがなんとなくエルグランドの面影を感じる。
どんどんデリカじゃなくなっている気がするな…..。

今回の新しいデザインについて辛口な意見が多く、良いという人は少ない印象です。

しかし、大幅にデザインチェンジされた時にはよくありますが、新しいデザインに見慣れていないだけかもしれません。

馴れてくれば、かっこいいと思えるようになるかもしれませんね!

インテリアデザイン

インテリアデザインも大幅に変更されているようです。

ちょっと上の画像では分かりくいですが、

10.1インチナビが装着できるようにセンターパネルの幅が大きくなったようです。

モニターが拡大化が可能になった事で、より高級感のあるインテリアになっているようです。

その他の仕様変更

エンジン・トランスミッション

エンジンは、MIVECが採用され、より高出力・低燃費が期待できそうです。

そして、クリーンディーゼルには、尿素システムが導入され、有害物質(NOX)を無害化する機能がつきました。

また、ATは現行の6速から8速になり、駆動関係ではS-AWCが採用されるそうです。

安全装備

安全装備面では、

衝突被害軽減ブレーキシステム、

車線逸脱警報システム

が搭載されています。

新デザインのデリカD5の発売日はいつ?

ビックマイナーチェンジによる新型デリカD:5の正式な発表は、2018年12月20日になるようです。

発売は2019年の2月頃になるようで、

ディーラーでの予約販売は一ヶ月前の11月20日から始まっているようです。

予約販売の開始:2018年11月

発表:2018年12月20日

発売:2019年2月

関連記事:

デリカD:5の新型の登場が話題となっていますが、この記事では新型デリカD:5モデルチェンジの最新情報をお伝えしていきます。 ...

2007年のフルモデルチェンジから10年以上経過した三菱のデリカD5。 ミニバン×SUVという他に類をみない新たな地位を確立し、特にア...

 

「こんなに簡単でいいの!?」

あなたの車を複数社がオンライン査定。
翌日には各社の査定額を画面上にずらっと一斉表示。

 

「これまでの一括査定はもう古い!?」

30万円の査定額が80万円にアップ!

もはや、一括査定でディーラー見積もりより高く売るのは当たり前。

でも、これまでの一括査定は、

  • 「見ないと査定できない」比較には各社と調整が必要・・
  • 現車確認しなければ査定額が出ず、申込から何日も待つ必要も・・
  • 複数の買取店から電話が来るので対応が大変・・

しかし、ウーロでの一括査定なら、こんな面倒は一切なし!

 

・ネットで査定額を一斉表示!
 現車確認は概算の査定額が出てから! 査定額が出るまで、ネットで完結。

・1日で最大10社の査定到着でラクラク比較!
 翌日18時に査定額を一斉表示! 最大10社を比較して最高値で売却しよう!

・その後の交渉は高額査定した店舗に厳選!
 高値の買取店に現車確認すればよいので、何社からもかかってくるわずらわしい営業電話も無し!

 

手間をかけず簡単に高く売る!

これが新しい車一括査定です。

 

↓↓ウーロで一括査定をしてみる↓↓

シェアする

フォローする