デリカD5 vs ジープラングラー徹底比較!サイズや燃費 価格などの違いは?

シェアする

 

「こんなに簡単でいいの!?」

あなたの車を複数社がオンライン査定。
翌日には各社の査定額を画面上にずらっと一斉表示。

 

「これまでの一括査定はもう古い!?」

30万円の査定額が80万円にアップ!

もはや、一括査定でディーラー見積もりより高く売るのは当たり前。

でも、これまでの一括査定は、

  • 「見ないと査定できない」比較には各社と調整が必要・・
  • 現車確認しなければ査定額が出ず、申込から何日も待つ必要も・・
  • 複数の買取店から電話が来るので対応が大変・・

しかし、ウーロでの一括査定なら、こんな面倒は一切なし!

 

・ネットで査定額を一斉表示!
 現車確認は概算の査定額が出てから! 査定額が出るまで、ネットで完結。

・1日で最大10社の査定到着でラクラク比較!
 翌日18時に査定額を一斉表示! 最大10社を比較して最高値で売却しよう!

・その後の交渉は高額査定した店舗に厳選!
 高値の買取店に現車確認すればよいので、何社からもかかってくるわずらわしい営業電話も無し!

 

手間をかけず簡単に高く売る!

これが新しい車一括査定です。

 

↓↓ウーロで一括査定をしてみる↓↓

さて、今回はSUV車同士の比較ということで、三菱のデリカD5ジープラングラーアンリミテッドを取り上げてみたいと思います。

SUV車やクロカン好きの人なら、この2台の購入を考えたことはあるんじゃないでしょうか?

どちらも流行りのデザインからは逆行した外観で、まさにオフロード車!といったデザイン。

特にジープラングラーは、発売当初からデザインがほとんど変わっておらず、ジープというイメージが色濃く受け継がれています。

一方のデリカD5は、SUV車としては唯一無二のミニバンのボディーをした車で、ファミリカーとしてもかなり便利な車種となっています。

とちらも個性が半端ない車ですが、

そんなデリカD5とジープラングラーについて、室内の広さや燃費・価格など徹底比較してみました!

デリカD5とラングラーの車体サイズを比較

まずは、車体のサイズを比較してみましょう。

大きさと重量の比較です。

車両サイズと重量

【デリカD5】

■車両サイズ:4790mm✕1795mm✕1870mm
(全長✕全幅✕全高)■ホイールベース:2850mm■重量:1910kg

【ジープラングラー】

■車両サイズ:4705mm✕18800mm✕1845mm
(全長✕全幅✕全高)■ホイールベース:2945mm■重量:2020~2040kg

車両の大きさはデリカD5もジープラングラーもほぼ一緒ですが、ホイールベースはジープラングラーの方がかなり大きいです。

そのため、最小回転半径が7.1mと大きく、非常に小回りが利かない車です。

レビューなどをみても、細い路地を曲がるのには苦労するという意見が多々あります。

都心に住んでいて、狭い所を運転する人は、この点も考慮しないといけないですね。。

ジープラングラーは全長もとても長く見えるのですが、4705mmと、デリカD5より短いんです。

見た目に比べそんなに長くないのには驚きました(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!

また、重量はジープラングラーの方が重いですね。

室内の広さ

【デリカD5】

■室内サイズ:2915mm×1505mm×1310mm
(室内長×室内幅×室内高)

■乗車定員:7~8名

【ジープラングラー】

■室内サイズ:**mm×**mm×**mm
(室内長×室内幅×室内高)

■乗車定員:5名

ジープラングラーは、フロント部のエンジンルームがかなり広くとられています。

その分車内スペースがとられ、あまり広くないです。

デリカ車内

ジープラングラー車内

デリカD5はミニバンでスライドドア&3列シートが魅力です。

スライドドアは、荷物が多い時や、小さい子供がいる時にはすごく楽です。

ジープラングラーは、5人乗りなので3列目シートはありません。

また2列目の後部座席も広いとは言えません。

その分、荷室が大きいのかと思いましたが、実はそれほど大きな荷室でもないようです。

ジープラングラーは、ルーフ部分を外してオープンカー仕様にできるので、ボディー内側にしっかりとした枠が設置されています。

そのため、荷室を最大限大きくとることはできなくなっているのでしょう。


画像引用元:Jeep公式サイト https://www.jeep-japan.com/wrangler/exterior.html

デリカD5とジープラングラーの燃費を比較

続いては燃費についてみてみましょう。

【デリカD5】

■燃費:JC08モード燃費 10.6km/l
■使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

■燃費:JC08モード燃費 13km/l
■使用燃料:クリーンディーゼル

【ジープラングラー】

■燃費:JC08モード燃費 7.5km/l
■使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

燃費に関しては、とちらも良いとは言えないですが、両車を比べる限りではデリカD5の方が良いですね。

維持費やガソリン代などの経済性を重視する人は、ジープラングラーは燃費の悪さが気になってしまうでしょう。

デリカD5とジープラングラーの排気量や駆動方式の比較

【デリカD5】

■排気量:1998cc(ガソリン車)
2359cc(クリーンディーゼル車)

■駆動方式:フルタイム4WD、FF

【ジープラングラー】

■排気量:3604cc
■駆動方式:ガソリンエンジン 2WD 4WD(選択)

デリカD5とジープラングラーの価格を比較

【デリカD5】

■新車価格帯:221~429万円

【ジープラングラー】

■新車価格帯:433~万円

価格はジープラングラーの方が高いですね。

ジープラングラーは、3ドア・5ドアと2タイプありますが、車性能のグレードというのはありません。

付属品を付けていくと価格はアップしますが、それほど価格に幅は無いので選びやすいかもしれません。

ジープラングラーを選ぶのはどんな人?

以下の点を重視している人にとっては、ジープラングラーを選ぶ方がよいといえるでしょう。

昔ながらのジープのレトロなデザインが好き

燃費は悪くても気にしない

小道や狭いところを運転する機会があまりない人

とにかく目立ちたい

このようなポイントが挙げられます。

デリカD5を選ぶのはどんな人?

デリカを購入すべき人は、

ファミリーカーとしての機能もほしい

子供がまだ小さい・子供が3人以上

社内は広い方がよい

SUVとしての機能もそれなりに楽しみたい

燃費や維持費を安く抑えたい

といったところでしょうか。

私は、デリカD5を選ぶと思います。

都心に住んでいるので、小回りの利かな過ぎるジープラングラーは、かなり扱いずらくなるでしょう。。

また、遠出する機会もあるため、居住空間が広い方が良いですね~

ジープラングラーは、ラゲッジスペースは広くとられているので、たくさんの荷物が入るかとおもいます。

しかし、普段はあまり荷物を載せる機会が無い人にとっては、もったいな気がします。

特に子供と載っている時は、じっと落ち着いて座っていられないので、2列目から3列目に移動したり、横になったりと絶えず動き回っている感じです^^:

なので、デリカD5のようなミニバンタイプだととても重宝します。

それでいて、ジープに負けず劣らずのしっかりとSUVとしての機能もあるので、私ならデリカD5を選ぶと思います。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、デリカD5とジープラングラーの比較をしてみました。

私はもちろんデリカD5が大好きなので迷うことはないですが、

どちらにしようか購入を迷われている方にとって、この記事が参考になれば幸いです。

 

「こんなに簡単でいいの!?」

あなたの車を複数社がオンライン査定。
翌日には各社の査定額を画面上にずらっと一斉表示。

 

「これまでの一括査定はもう古い!?」

30万円の査定額が80万円にアップ!

もはや、一括査定でディーラー見積もりより高く売るのは当たり前。

でも、これまでの一括査定は、

  • 「見ないと査定できない」比較には各社と調整が必要・・
  • 現車確認しなければ査定額が出ず、申込から何日も待つ必要も・・
  • 複数の買取店から電話が来るので対応が大変・・

しかし、ウーロでの一括査定なら、こんな面倒は一切なし!

 

・ネットで査定額を一斉表示!
 現車確認は概算の査定額が出てから! 査定額が出るまで、ネットで完結。

・1日で最大10社の査定到着でラクラク比較!
 翌日18時に査定額を一斉表示! 最大10社を比較して最高値で売却しよう!

・その後の交渉は高額査定した店舗に厳選!
 高値の買取店に現車確認すればよいので、何社からもかかってくるわずらわしい営業電話も無し!

 

手間をかけず簡単に高く売る!

これが新しい車一括査定です。

 

↓↓ウーロで一括査定をしてみる↓↓

シェアする

フォローする